超初心者向け!コンプレッサーの使い方。【歌ってみたMIX講座】

comphe
超初心者の方へ向けてMIX講座を書いていきます。管理人自身まだまだ勉強中の身ですが、初心者の方には多少なりとも情報を提供することはできると思うのでよろしくです^^

MIXってめっちゃ難しいんでしょ?って私も思っていました。まあ今でも感じてはいるんですが…分かり始めたら意外と面白いです。

最初に本を買ってはみたものの、専門用語の羅列ばっかりだったので正直目が回ってしまいました。今回の記事の目的は初心者の方がMIXを始めるきっかけになればいいと思って書いています!だから技術的なことは置いておいて、コンプレッサーを使う事によってどう変化を及ぼすのか?というところを重点的に書いていきます。

使い方がなんとなくわかってもっと深く理解したい!と勉強したくなってから本を購入した方が、書いてある言葉の意味も分かりやすくなりますよね。

スポンサーリンク

コンプレッサーを使う意味って?

コンプレッサーってイコライザーと同じぐらい名前を聞くことが多いけど、そもそもなんでかけるの?って思いませんか。もちろんコンプレッサーを使う理由はあります。

コンプレッサーは音を圧縮させて音の密度を上げ、結果的に最大音量が上がるものなんです。

例えば、私たちが歌を歌った場合どうしてもAメロとBメロ、サビでボリュームが変わってきますよね?サビは必然的に盛り上がりますからそれは当然のことだと思います。

ただそこで問題が起きたりもします。
Aメロだけオケに埋もれてるよ!!
なんていう困った自体…

じゃあ単純に音量を上げればいいんじゃないの?と思ってしまうのも無理はありません。具体的な例として画像を用意してみました。

歌を録る時は音割れをしないように0dbを超えないようにするのが基本です。もちろんMIX中もそれに気をつけてないと音割れしてしまう事も…

comp-rei

上記の画像は小さい部分を大きくする為に全体のボリュームを上げてみただけです。どう頑張っても音は0dBを超えることはできないので、サビの大きい部分に合わせて音量を上げましたが結局大きいところが更に大きく小さいところが小さいままになってしまいました…!

ここでコンプレッサーの登場です。でっかく飛びぬけてる部分を圧縮する、という作業をします。潰す、なんて言い方もあるみたいです。

comp-rei2

コンプレッサーをかけると飛びぬけてた所が引っ込みました!例の画像は綺麗な波形すぎて均一になっちゃってますが、実際にはこんな綺麗な波形じゃないです。というか、波がなさすぎると曲を通してつまらなく聞こえるのでコンプレッサーの掛け方には注意をしなきゃいけないんですね。

圧縮したら0bBまでの余裕ができたので、これを先ほどのように音量を上げてみると…

comp-rei3

小さいところも大きくなりました!音量を上げただけのものと比べてみます。

comp-rei4

並べてみると音量で操作しただけの音とは違う事が一目瞭然ですね!コンプレッサーで音圧を上げる、っていう言葉を聞いたりもしますがそれがこういうことです。

よくよく考えれば最大0dBという制限は変わっていません。同じ音量でも音の密度が違うから、音が大きく聞こえるという原理なんですねー^^

噛み砕いて説明したけど伝わってるでしょうか…コンプレッサーは音を均一に、そして音の密度を上げて音を大きく聴かせることができるもの、と考えていてください。埋もれた声を引っ張りだしてあげます。

コンプレッサーの使い方

では実際にコンプレッサーを弄ってみましょう!元々DAWについている既存のもの、フリーのVSTプラグインなどによって名前が違ったりもしますが、基本的についているコンプレッサーの機能の名前は以下のものになります。

  • スレッショルド(Threshold)
  • アタック(Attack)
  • リリース(Release)
  • レシオ(Ratio)

うーん、初心者には頭が痛いですよね。でもさっき説明した原理がわかっているならきっと大丈夫!あなたにもできます!

スレッショルドとは

さっき音を圧縮するって言いましたが、その圧縮する値を決めるのがスレッショルドの役割になります。簡単に言うとこれ以上を超えたら音を圧縮してください!という目安の値です。

comp-rei5

マイナスの値になるにつれてスレッショルドが深くなります。あまりにも深くかけすぎてしますと、音の小さい部分も圧縮されて全体的に引っ込みすぎてしまったりするので気をつけましょう。

音の飛び出た部分を圧縮するイメージです。画像の中央部分、線の間はコンプレッサーがかからない部分となります。

単位はdBで中央に行くほどマイナス寄りです。つまりマイナスにいくほど音の中心を圧縮することになってしまうから、かけすぎるとのっぺりしたりするんですねぇ。

最初のうちは波形とにらめっこして、例えば-24dBあたりが飛び出てる感じするなあと思ったらそれぐらいの値を決めたりするといいかもしれません。耳ではなかなか分かりずらいので。

レシオとは

レシオというのは音をどれだけ圧縮するかというパラメータです。表記は2:00:1などで書かれていますが、2:1となると1/2の音量に圧縮するという意味になります。

これを大きな値にすると、より圧縮されることになるので元の音が変わる(潰れる)ことになります。本来の声と大きく変わってしまう恐れがあるので圧縮しすぎには注意が必要です!

人それぞれ推奨する設定は異なっていて、ネット上での意見もばらばらです。
1:4~1:8ぐらいがいいとか、
2:4:1~2:8:1ぐらいがいいとか…
やってみないとわからないので初心者のうちはそれぐらいを目安に掛けるのも手です。

もし声が変わっちゃったなと思ったら、レシオを下げてみるのもひとつの案になります。

アタックとリリース

この二つのパラメーターに使う単位はms(ミリセコンド)と呼ばれます。msは1000分の1秒なので、1000msで1秒です。

ちなみに私が使っているフリーのVSTプラグインClassic Compressorはアタックとリリースの単位表記が違います。使うものによって違う場合があるので、それぞれの単位表記に気をつけて調整してくださいね!

comp

アタックとは

アタックはスレッショルドを超えてから圧縮され始めるまでの時間を指定するパラメーターになっています。つまり早く設定したら超えた瞬間から音が小さくなるんです。

設定するコツというのはよく言われているんですが、まずは最速にしてみること!コンプがべったりかかります。ここからゆっくりと時間をずらしてあげて聴きやすいところに設定してあげるのが一番いいパターン。

あと、例えばロック系の曲でボーカルのアタック感を聴かせたい場合は頭が引っ込みすぎているとあまり気持ち良くないですよね?そういう時は少し長めに設定してあげたりします。

リリースとは

リリースはスレッショルドで指定した音を下回ってから、どれぐらいで圧縮を解除する?という時間の設定です。

リリースタイムを長くしすぎると、前の音の圧縮が終わらないまま次の音にもコンプレッサーが二重にかかってしまうことがあるので注意!

っていっても掛け方が難しい…

リリースはアタックとは逆に一番遅い設定から始めて、徐々に早めていくとわかりやすいかもしれません。リリースをうまく調節しないと音のゆれ、うねりのようなものが激しくなるので、それが少なくなるところを設定してあげると上手くいきます。

基本的に短かめを設定すると失敗が少ないかもしれないです。

コンプレッサーまとめ

コンプレッサーを上手く扱えるようになるのはすごく難しいですが、これを上手くできるようになるとMIXの質が変わります。有名歌い手さんの曲はしっかりとボーカルが前面に出ていますよね。それに比べて初心者のMIXはオケにボーカルが埋もれ気味…それが変わるだけでも雰囲気が変わります。

せっかく歌ってみたをやるなら多くの人に聞いてもらえたら嬉しいですし、なるべく聴きやすいMIXを心がけていくべきだと思います。

拙い説明ではありましたが、コンプレッサーの意味が全く分からないよ!!!っていう方のお役に立てたら幸いです。私もまだまだ勉強するつもりなので、一緒に頑張りましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>